〒730-0856 広島県広島市中区河原町2-13
082-293-5355
初診のご相談は電話にてご予約の上ご来院下さい。
HOME
お知らせ
スタッフのご紹介
クリニック案内
交通案内

広島市 矯正歯科 歯列矯正

Contents Menu

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

クレジットカード
各種クレジットカードのご使用、
分割でのお支払いも承ります。
一般社団法人 日本歯科矯正専門医会

矯正歯科 Q&A

HOME»  矯正歯科 Q&A

矯正歯科Q&A

歯の矯正治療は何歳頃から始めるのが良いのでしょうか?
結論から言いますと、不正咬合に気づいた時がその人にとって一番良い時期なのです。
しかし、小さい時から始めないといけないものと、大きくなって始めて良いものとがあります。
小さい時にはじめた方が良いのは顎の発育をうながしたり、逆におさえたりすることができる時期に治せる不正咬合の場合です。
例えば反対咬合や上顎前突の子供の場合です。
これは顎の発育の問題が関係しますので、通常第一段階の治療時期として小学校2年生から4年生くらいの間で、受け口や前歯の出ている人は、治療をお受けになることをおすすめします。
しかし前歯の治療をしていても永久歯が生え揃う小学校6年生頃に反対咬合になったり、上顎前突になったり、でこぼこの歯並びになる人がありますがこのような場合は再度治療が必要になります。
前歯の治療はあくまでも予防処置的治療ですので、その後の個人の成長や遺伝的要素が大きく影響します。
ですから前歯の治療の全てが無駄という訳ではありません。
いずれにしてもその子供に合った治療開始時期がありますので、不正咬合に気づかれた時に矯正歯科専門医院にご相談されることをおすすめします。
矯正治療は何歳までできるのでしょうか?
歯は何歳になっても動きますので歯と歯をささえる歯槽骨と歯肉があれば何歳でも治療できます。
これは私の医院で治療させて頂いた例ですが、50歳の上品なご婦人が来院されまして、上顎前突で口元が前へ出ているのを気にされていました。しかしなぜ今から治療をされるのか問いましたら、「今日が結婚25周年の記念日ですが、娘時代からこの25年間人知れず悩んできました。
今日ご主人に相談して結婚記念日のプレゼントとして矯正治療をしたいと言うと、快く承諾してくれました。永年のコンプレックスを解消してこれからの人生を楽しく生きたいのです。」とのことでした。治療には約2年半かかりましたが、治療前と治療後の顔写真を見比べて驚いておられました。口元はスッキリしてきれいになられました。
またお化粧ののりが良くなり両耳には可愛いピアスをされ、オシャレをして人生を楽しんでおられるようでした。
口元や歯並びを気にされている方は矯正歯科専門医院にお気軽にご相談ください。
不正咬合になる原因はどんなことが考えられますか?
大きく分けて2つの原因が考えられます。それは遺伝的原因と環境的原因です。
●まず遺伝的原因と思われるのは上顎前突、つまり前歯が前方へ出ている人とか受け口の人はあきらかに家族性であるとされています。それは親子の顔が似るのは顎の形や顔の骨格の特徴が似るからです。つまりDNAが引き継がれているからです。
しかし家族の中で一人だけ反対咬合になり、それも下顎が異常に前方へでてくる真性の下顎前突がありますがこれは劣性遺伝といわれ突然現れる遺伝と考えられています。
下顎過成長と言います。いわゆる三日月形の顔の人は上顎と下顎の大きさが逆転していますので矯正治療だけでは治すことはできません。そこで口腔外科と医療チームを組み話し合いをしながら矯正治療の途中で、顎の骨を切って短くする手術を行います。
この治療には矯正治療費も保険が適用されます。

●次に環境的原因ですが、これを先天的原因と後天的原因にさらに分けます。先天的原因は口蓋裂、兎唇や歯の数の異常その他があります。お母さんの体内にいる時になんらかの原因で起きるとされています。

●最後に後天的原因についてお話しましょう。日頃の日常生活で知らない間に悪いクセがついた状態で起きるものです。指しゃぶりや唇を噛む子供がいますが、これは前歯の上と下のすき間に大きなすき間が空いて前歯が前方へ押し出され上顎前突の原因になります。
歯を抜かずに治療することは出来ますか?
歯を抜かないで治せる場合と、抜かなければ治療ない場合があります。

日本人の顎の大きさや歯の幅の問題から歯を抜かないで治せる割合が低く、大学院などのデータによりますと歯を抜かないで矯正治療ができる症例は30%以下とされています。
「歯を抜かずに治る矯正治療」などの広告や本がでていますが、全ての人にあてはまる訳ではありません。顎が小さかったり顎に比べて歯の幅が大きかったら歯はきれいに並ぶことはできません。
また、でこぼこに生えた永久歯の歯並びを無理やり大きく拡げて歯を歯列に押し込んでも、口の周りの筋肉の力で歯列が内側へ押されて、元に戻ろうとします。外見的にも日本人の口元は前へ出ている人が多いので、歯を抜かずに矯正歯科治療をした場合口元がとび出て唇が閉じにくくなり、いつもお口が開いた状態になります。

以上の理由で現在の矯正歯科治療では犬歯の後の小臼歯という歯を合計4本抜いてすき間を作り、歯を移動させて歯並びを整えるのがほとんどの人に適用される治療方法となっています。

それでは、歯並びが乱れないように注意する方法はないものでしょうか、また予防処置はできないものでしょうか。それには先ず日常生活で虫歯を作らないことです。虫歯になって放置していると歯が欠けてきて、次第に歯が前へ傾斜したり移動し、乱杭歯になりますので虫歯になったらすぐに治療を受けることがかんじんです。
そして、食事はよく噛むことです。噛むことが顎の発育に影響しますし、歯の根も正常な長さになりますので一口30回以上は噛んで飲み込むように心がけましょう。また、指しゃぶりのクセは上下の前歯の間にすき間ができて、噛みあわなくなりますので5歳までにはやめるように注意してください。上顎が小さい場合は小学校の低学年から上顎を拡げて歯が正常に生えるように誘導する方法もあります。

矯正歯科治療は社会生活に支障があるのでしょうか?
恥ずかしいとか嫌だという考え方より、自分はきれいになるという希望や夢をお持ちの方は人の目を気にしないで治療をうけていらっしゃるようです。
まず痛みですが、全部の歯に矯正装置をつける方法では子供さんより大人の方が違和感は強いようです。
痛みは2・3日でおさまりますが月に1回の通院のたびに痛みは起きます。
しかし仕事への大きな影響はないようです。次に通院の問題ですが計画的に進める矯正歯科治療では定期的な通院が必要です。
通院は1ヵ月に1回程度ですが前後2週間位の余裕がありますので矯正歯科治療を専門に行っている医院は土曜日とか日曜日診療をしている診療所がほとんどですので仕事に支障は無いものと考えています。また治療時間はだいたい30分前後かかるのが普通です。

次の治療内容やかかる時間も予約の段階で分かりますのでスケジュールを立てやすいと思います。
最後に日常生活の問題ですが月に1回の治療のたびに固い物が食べにくく食生活に多少影響があります。
また食後は必ず歯をみがかなければなりません。
職場に歯ブラシを持参され昼食後に歯をみがく時間が必要になりますがこれきっかけに口の中の管理が良くなり矯正装置をはずした後もこの習慣を続けてより良い生活習慣が身につくようです。
学校検診で不正咬合があるので相談に行くようにという書類を持ち帰りましたが、どこへ相談に行ったら良いのでしょうか?
学校の歯科検診では、歯並びの悪い場合は経過観察をして様子を見る程度か、すぐに相談に行った方が良いのかを決めます。

相談に行くようにという書類を渡されたらまず、かかりつけの歯科医に相談され、そこから矯正歯科医院を紹介してもらうか、直接矯正歯科を専門で開業している医院に行かれると良いでしょう。
その際、矯正歯科治療には健康保険が適用されませんので初診料や相談料は実費になります。
しかし歯科検診で相談に行くことをすすめられたということは、お子さんの長い人生を支える歯について大事な注意を与えられたと解釈され、ぜひ早い時期に相談されることをおすすめします。
取り外しのできない矯正装置の治療を始めることになりましたが、学校でいじめにあうことはありませんか?
ひと昔前は矯正装置が珍しく好奇心の旺盛な子供たちの的になることもありましたが今はクラスの中で矯正装置をつけている生徒が一人や二人いることは珍しくはなく、そのような相談を受けることはほとんどなくなりました。
むしろ最近は矯正装置につける針金をとめるためのプラスティックのリングをピンクにしたり、虹色にして欲しいという要望があるくらいアクセサリー感覚で矯正歯科治療を楽しむ傾向にあります。
将来は矯正歯科治療がステイタスのシンボルになったり、かっこいいという時代もそう遠くはないような気がします。
安心して矯正歯科治療を始められると良いでしょう。
吹奏楽部に入りたいと思いますが矯正装置をつけたら、楽器が吹けなくなりませんか?
確かに楽器によっては吹きにくくなることもありますが、吹く時の唇や歯と楽器の関係には色々なタイプがあります。
上の歯が出ている人はクラリネットやサックスを吹く時、上の歯をこじあげる形になりますので不適当と思われます。
むしろトランペットやホルンのようなカップ型のマウスピースの楽器が良いと思います。
受け口の人は逆にクラリネットやサックスのようなシングルリード型の楽器が矯正治療には適していると思います。
いずれにしても慣れるまでは大変かも知れませんが吹けないことはなく、練習を重ねることで対処できます。

トランペットのようなカップ型のマウスピースは、唇と下顎の前歯との微妙な接触で音を出しますので、でこぼこの歯並びの人は先に矯正歯科治療を受けておく方が良いでしょう。
矯正装置をつけるとスポーツや学校の勉強には影響はありませんか?
まずスポーツですがオリンピック選手が矯正装置をつけて走り、金メダルをとったという有名な話があります。
一般的にはスポーツで矯正歯科の装置が支障になることはほとんど無いと思われます。
サッカーやバスケット、ラグビー等接触スポーツは相手の選手に口があたり矯正装置で傷をつけたりすることがありますので、マウスピース等で装置をカバーすることをおすすめします。
また逆にサッカーボール等が顔面に当たっても矯正装置が入っていたために衝撃力が分散され、歯が折れずに助かった例もあります。
学校の授業に関しましては英語の発音に多少の支障があることがありますが、ほとんど支障はないと思います。
しかし次の診療の予約をとる場合、固定式の矯正装置は針金を結んだり歯を引っぱったりしますので2・3日痛みが出ることがあります。

定期試験やスポーツの試合・文化祭等の行事の前には予約をとらないよう受付に申し出てください。
矯正歯科の治療には保険が効かないと思っていましたが、健康保険が効く矯正治療があると聞きました。どういう場合に保険が効くのでしょうか?
健康保険が適用される症例は現在2種類あります。
一つは生まれつき上唇がたてに切れている口唇裂という症例と上顎の天井が開いている口蓋裂という症例です。
東洋人には約500人に一人の割合で発生するといわれています。
このような症例は、小さいときに唇を縫い合わせる手術を行い、成長を待ちますが、歯の数が少なかったり受け口になったり、歯並びがでこぼこになることがあります。

このような症例には矯正歯科治療が必要になりますので健康保険が適用されます。
また育成・更生医療を申請してある歯科医院では保護者の所得に応じて自己負担金の一部が補助されますので育成・更生医療機関かどうかを確かめられてご相談されることをおすすめいたします。


もう一つは顎変形症の患者さんです。
これは上顎と下顎がひどく左右にずれていたり前後にずれて受け口になって矯正治療だけでは治せない場合があります。
このような症状の患者さんは口腔外科手術が必要になります。

矯正歯科医院では検査をして口腔外科の担当医と相談し、手術が必要な症例であれば手術の前と後の矯正歯科治療費は健康保険が適用されます。しかし顎の骨を切るような症例の場合は特別の診断施設の許可を受けている医療機関に限られますので最初に問いあわされることをおすすめいたします。
矯正歯科の治療を受けたいのですが、主人の仕事の関係で、県外へ転勤になる可能性があります。転居する時、次の先生を紹介していただけるのか心配です。
矯正歯科の治療はできるだけ一人の矯正歯科専門医院に最初から最後まで診てもらうのが理想的です。
というのは転居先の先生の治療方針や治療方法が違う場合、結果がよくないこともあるからです。
また治療費の設定も都心へ行く程高くなる傾向があります。

しかし、やむをえず治療途中で転居される場合は私達矯正歯科を専門に開業している歯科医院は日本臨床矯正歯科医会や日本矯正歯科協会等の全国にネットワークを持った専門医院の組織にほとんどの医師が所属していますので転居先の専門医院をご紹介することができます。

その際、治療経過や治療費の入金状態を書いた手紙や紹介状と共に、初診時採りそろえた歯型お口の写真・顔写真やレントゲン等を持参していただきます。
現在ではインターネットを利用され、ご自分でホームページ等にアクセスされる方もいらっしゃいます。いずれにしても、ほとんどの都市には矯正歯科を専門に開業している歯科医院がありますので安心して治療をうけられると良いでしょう。
主人が転勤の多い会社に勤めていますが子供の矯正歯科の治療を何歳頃始めたら良いでしょうか?
保護者の方が矯正歯科の治療を受けさせたいと思われた時がそのお子さんにとっての矯正治療適齢期だと思っていただければいいと思います。 グッドタイミングを逃さないためにも歯並びでお悩みの方は、まず矯正歯科医専門医院にご相談ください。